スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

S.Y.K 玉龍 やっと攻略! 「乙女系ゲームに夢中♪(21456)」

やっとこさ、一人攻略いたしました~。
ドンだけ時間かかってんの
放置し過ぎました(^^;)


もちろん、ネタバレですよ!!


logo.jpg

玉龍 (宮田幸季)

ちっさい、年下キャラ苦手なんで最初に攻略したんですが、カワイイ系֥ϡと違うので、そんなに苦になりませんでした~ޥ

こういう、冷徹?クール?な性格好きです

つか、年下じゃないよね!?
いくつ年上か解らないよね!?
å

感情がないというか、忘れてしまったというか?な玉龍は【楽しい】と言うことが解らない。
玄奘に他の人が楽しいと思っているようなことをマネて見ればいいと言われて…

頬にてをあて、顔を近づけ…
『…今晩、いい?』 ( ̄□ ̄;)!!

八戒のマネだってwww かわえぇ㤭Ф


どっかで、画家さんが玉龍をモデルに絵を描くんだけども、それが
『息をするのも忘れるようなキレイな絵』だったそうで。

スチルないの~?見てみたい!!


街ですれ違った着飾ったきれいな格好の女の人と自分の格好をくらべて、凹む玄奘に

『そのまま動かないで』

髪飾りの代わりに竜胆(りんどう)の花をさしてくれる。
『……お師匠様、とてもきれい』

お約束過ぎる!!お約束過ぎるのシチュだが案外萌え

他の女が玉龍の頭をなでようとすると
『僕に触れるな』
なんていうのも、なんか萌えää֥ϡ

夜中にふらりといなくなって、血のにおいをさせて帰ってくる玉龍を心配して待ちに探しにいくと、血まみれの玉龍が!

立ち絵も血まみれ!!萌え!!!(変態かw)

真相は『妖怪退治していた』ですた。



荒野で、一人で妖怪退治に行ってしまう玉龍。
その間に、迷子の旅人と会う一行。

戻ってきた玉龍は、その旅人に殺気まるだしで、『お師匠様から離れろっ』っていうばかり。

ぶっちゃけ、銀閣が人間に化けてるんだけど…。

お師匠様の言うこと聞くのもいいけどさ~。
その男は銀閣だって言っちゃえばいいんじゃね!?

もう、YOU言っちゃいなYO!!!

ちょっとイラ५

でも、そのあとの銀閣と玉龍の会話は好きかも֥ϡ
分かり合える2人って感じで。



ほとんど感情の無かった玉龍が
『お師匠様を守るのは僕だけじゃない。悟空も八戒も悟浄もいる』
ってセリフを言った時には、おばちゃんジーン(T▽T)
成長したじゃないのぉ~。


天竺には着いたものの、経典を奪われてしまう。
玄奘を守って倒れる玉龍å

八戒と悟浄が助けに来てくれたけど…

死ぬなーーーーー!!!玉龍ーーーーー!!
   ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

……生き返った(笑)

『僕は、死なない。…死ねないから。』
玄奘の前世を守りきれなかった時に、お師匠様を守りたい、強くなりたいという強い願いから経典の力で不死になった?みたいな??(疑問系)

仲間たちもお師匠様も死んでしまったなか、たった一人孤独に500年の時を生きてきたと。


最後の戦いのほうは、なんかとても玉龍が人間くさくなりましたw

ぶっちゃけ、銀閣が気になる気になる( ̄▽ ̄;)アハハ...


ま、無事に経典も取り返して(おざなり)
めでたしめでたし。って時に力尽きる玉龍。
不死の力が切れちゃったみたいな?

『……ごめんね。ちょっと…無理みたい…。』
死ぬなーーーーーーー!!玉龍ーーーーーーー!!!(再び)
    ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!


生き返りました(爆)

釈迦如来の力で、玄奘が一生徳を積むのを条件に、玉龍は人間になりましたとさw


『お師匠様のすべてが好き。だれにもあげたくない。』
( ´艸`)ムププ


エピローグは、人助けをしながら旅を続けている2人。
のんびりお茶を飲んだり。膝枕で寝てみたり。
ほのぼのでした。(それだけ?)


結構楽しめました!

が、私的には玉龍は萌えが…。
なんつーか、自分にだけ懐いてる動物を調教している気分?みたいな??

もしくは、他の誰にも懐かない動物が、自分にはメチャクチャ懐いている優越感みたいな!?

あんずを飼っている感覚に似ているかも!?
ムツゴロウさん気分!?


もしくは、何にも解らない子供に、社会勉強させているセンセ気分??


甘甘萌えっていう感じではありませんでした(^^;)



ついでに

【闇夜の油断ED】
荒野で、迷子の旅人に化けた銀閣から離れてくれと『お願い…だから』と懇願されているのにもかかわらず、玉龍の言うことを聞かないで、銀閣に捕まってEND


【守れなかったものED】
天竺にて、紅がい児(うまく変換できない)の言うことを聞いて…
玉龍が力尽きて…
なんか、経典が強い力を放ち…

…で、どうなったん??なEND(爆)






とりあえず、玉龍はおひょいさんではありませんでした。
       んで、ポチ♪
      web拍手


関連記事
2011-12-19 19:25 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

hanyaママ

Author:hanyaママ
マンガ・アニメ・ゲーム・声ヲタな二児の母。

住処:関東地方

好物:ゲーム・良い声

趣味:お絵かき

http://www.pixiv.net/member.php?id=4668421

元のサイズでこっそりうp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。